狭山茶の健康効果を探れ!入間市お茶大使がレポート

新茶の季節です。味がいい狭山茶は、入間市の自慢。また、昔から体によいといわれています。いま、お茶の健康効果が注目されています。初代入間市お茶大使が埼玉県茶業研究所で取材しました。

●埼玉県茶業研究所とは
品質の良いお茶を作るために新しい品種の育成などをしている。埼玉大学などと共同でお茶の健康効果に関する研究も行っているよ!

レポーターはお茶大使の2人。 中学2年生 星さん「いろいろな味を楽しめるお茶って楽しい!」・中学2年生 櫻井さん「長い歴史があるお茶ってすごい! 」

入間市お茶大使とは…?
お茶の知識や入れ方を競うT-1グランプリで入賞!市内のイベントでおいしい狭山茶を入れてPRしている。

狭山茶の良さを教えてください。

お茶は暖かい土地の植物。入間市は産地の中でも寒い地域です。厳しい冬を乗り越えてじっくり育った茶葉は肉厚になります。他の産地とお茶を飲み比べると違いがわかります。コクとうまみがぎゅっとつまったおいしい味です。茶業研究所では、寒さに強くて飲んでおいしく、栽培しやすい品種を研究しています。ひとつの品種が生まれるには、約30年もかかるんですよ。

埼玉県茶業研究所の武末所長にインタビュー

お茶は健康にどんないい効果があるのですか?

埼玉県茶業研究所の髙橋研究員にインタビュー!

お茶には、ビタミンCなど体にいい成分がいろいろ含まれています。中でもカテキンは、血圧を抑えたり、風邪やインフルエンザの予防、がんの発生を抑える効果があるということも研究でわかっています。濃いめに入れる方が健康に良い成分も多く含まれるので、ペットボトルより急須で入れたお茶の方が、より効果が高いですよ。

いま注目!カテキンの健康機能はこちら

・坑ウイルス作用

・殺菌作用

・抗がん作用

・抗酸化作用

・血圧上昇抑制作用

・血糖値上昇抑制作用

・体脂肪蓄積抑制作用

・消臭作用

・虫歯予防作用

・坑アレルギー作用 など

レポートを終えて

深蒸し煎茶が好きというレポーターのふたり。茶葉を長い時間蒸して作る深蒸し煎茶は、よりカテキンが多く含まれています。また、お茶は飲み続けることで効果が期待できるそうです。濃い味の狭山茶を家族で毎日飲んで、健康になろう!