会社沿革

1983年 社)入間青年会議所有志により「入間CATV研究会」発足
1986年6月 会社設立 (資本金3,500万円)
1986年9月 土地取得契約
1988年2月 増資、第3セクター (資本金1億4,000万円)
1989年4月 有線テレビジョン放送施設設置許可 (許可番号第11029)
1989年10月 局舎完成
1990年4月 第1期エリア開局 (豊岡、扇町屋、扇台地区)
1991年2月 郵政省テレトピア構想モデル都市指定
1991年4月 増資 (資本金3億1,860万円)
  第2期エリア開局 (東町、久保稲荷、向陽台、藤沢地区)
1991年11月 第3期エリア開局 (黒須、河原町、春日町、鍵山、高倉、藤沢地区)
1992年4月 第4期エリア開局 (東町、小谷田、上小谷田、新久、高倉、藤沢地区)
1993年4月 第5期エリア開局 (宮寺、高根、二本木、駒形富士山、瑞穂地区)
1993年12月 市議会中継検討会
1994年4月 倉庫から出火
1995年3月 入間市議会開会と閉会のみ生放送
1996年3月 エフエム入間放送㈱設立
1996年12月 コミュニティFM局免許交付 エフエムいるま JOZZ3AMFM
1997年2月 エフエム入間放送㈱≪現:㈱エフエム茶笛≫開局
1998年3月 第6期エリア開局 (金子地区)
1999年3月 第7期エリア開局 (宮寺北部、霞川団地地区)
2000年3月 新世代地域ケーブルテレビ施設整備費補助事業により伝送路市内全域化、HFC化完成
  第8期、9期エリア開局 (野田、進行、狭山台、狭山ケ原地区)
2000年6月 開局10周年記念配当(以後、毎期配当)
2000年8月 第1種電気通信事業許可
2000年9月 入間市議会本会議を収録。全面放送開始
2000年10月 インターネットサービス開始
2001年3月 増資 (資本金4億2,070万円)
2001年10月 新世代地域ケーブルテレビ施設整備費補助事業により伝送路広帯域化(770MHz)完成
2002年10月 瑞穂ケーブルテレビ㈱設立
2003年4月 東松山ケーブルテレビ㈱設立
  瑞穂ケーブルテレビ㈱開局
2003年8月 第2種電気通信事業者届出 IP電話サービス開始
2004年4月 東松山ケーブルテレビ㈱開局
2006年8月 HIライン(入間局・東松山局間 光300芯)竣工
  お客様窓口『デジタル館』≪現:スマイルプラザ≫オープン
2007年4月 光幹線二重化竣工
2008年9月 入間ケーブルテレビ・エフエム茶笛が狭山市・入間市・入間警察署で地域安全に関する協定を締結
2008年10月 KDDI㈱と業務提携によるケーブルプラス電話サービス開始
  小中学校の取り組みを紹介する「元気な入間っ子」放送開始
2009年4月 ゆずの里ケーブルテレビ㈱設立
2010年10月 ゆずの里ケーブルテレビ㈱開局
2011年2月 ゆるキャラ発表 てれぴょん・ちゃつみん・こあらん・ゆずみん
2011年10月 データ放送開始
2012年3月 KDDI㈱と業務提携による『auスマートバリュー』開始
2012年4月 FTTH化工事開始
2012年7月 イオン㈱とFM茶笛の提携による『イオンサテライトスタジオ』開設
2012年10月 KDDI㈱と業務提携によるauスマートフォン向け公衆Wi-Fiアクセスポイント構築
  『見守りくん』サービス開始
2013年2月 KDDI㈱と業務提携による『ケーブルTV Wi-Fi ID』販売開始
2013年4月 『スマイル安心おたすけ隊サービス』開始
2013年7月 『ケーブルTV「くらしナビ」サービス』開始
2013年12月 FTTHサービス開始
  ビデオオンデマンド「みるプラス」開始
2014年3月 『スマートテレビ』サービス開始
2014年12月 iPadレンタルサービス開始
2015年4月 携帯電話サービス『スマイルフォン』開始
  『チャンネルガイド』が地域情報を盛り込んだ『月刊スマイル』にリニューアル
  グループ会社4局共同制作番組「スマイルスタジオ」開始
2015年6月 「メディアミックスで伝える愛情いっぱいの給食」がケーブル・アワード2015 ベストプロモーション大賞グランプリを受賞
2015年7月 開局25周年記念誌発行
2016年4月 『スマイルでんき』サービス開始
2016年10月 開局25周年記念事業 大相撲入間場所開催
2017年9月 『インテリジェントホーム』サービス開始
2017年11月 ケーブルテレビ少年野球大会「スマイルカップ」開催