少年野球チーム「オール入間」3連覇!

第3回ケーブルテレビ少年野球大会・スマイルカップが12月1日に東松山市駒形公園で行われました。入間市からはオール入間が出場し、優勝。大会3連覇を果たしました。

オール入間は、少年野球の選抜チーム。毎年セレクションが行われています。今年度は90名以上がテストを受けて、18名が選ばれました。夏の県大会では初優勝!佐間田監督に強さの理由を聞くと、実のところ今年はとびぬけて優秀な選手はいなくて、最初は試合に誰を出すか悩むほどだったそうです。しかし、そんな状況だからこそ、「全員が人に頼らず自分でやらなくちゃいけないという思いを持っていた」と監督。予選を勝ち進むたびに強くなり、激戦の末、埼玉県の頂点に立ちました。

県大会優勝のプライドをかけて臨んだスマイルカップ。6年生にとっては最後の大会です。山内輝紀くんは「仲間を信じて全勝したい」、武元瑛吾くんは「明るく元気で全力プレーを」と試合前に意気込みを聞かせてくれました。

大会当日は、ミスのない守備と強力な打撃に加え、チャンスをものにする走塁で得点を重ね、大差をつけて優勝しました。

「頼りになるチームメイトと試合を楽しめました」と山岡玲音キャプテン。この伝統を来年にも!次のチームの活躍も楽しみです。

FMチャッピーのアナウンサーが実況。ケーブルテレビで放送しました。