はたらくって、どんなこと? 社会体験チャレンジ/藤沢中学校

なりたい職業、あこがれている仕事はありますか?入間市では中学2年生が地域の会社やお店などで3日間仕事に挑戦します。それが、「社会体験チャレンジ」です。お菓子屋さん「カオハナ」では、お店の方に指導を受けながら藤沢中の生徒3人が交代で接客とお菓子づくりをしました。

接客業に興味があるという鈴木さんは、「笑顔で接するだけでなく、商品をお渡しするタイミングにも気をつかいます」と立派に応対していました。建築士に憧れているという今永さんは、お店の内装や裏の様子を見たくて飲食店を希望したそうです。華やかなケーキ屋さんの裏の緊張感あふれる忙しさに驚いたと話していました。以前からこのお店での職業体験を希望していた松下さんは、クッキーづくりを任されました。「お客様の手に届くものだから、愛情を込めて作ります」と嬉しそうでした。

それぞれの夢や希望に近づける社会体験チャレンジ。地域の方に見守られながら、中学生はこの3日間でひとまわり大きくなります。

小学生のお茶バトル「T-1グランプリ」 参加者大ぼしゅう

入間市の特産といえば、狭山茶。小学3年生は総合学習で手もみ茶を作ったり、おいしいお茶の入れ方を学んだりするよね。日本一の味と言われる狭山茶について、キミはどれくらい知っているかな?狭山茶に関する知識やお茶の入れ方などを競う小学生のバトルが「T-1グランプリ」。入賞者には、こども商品券など賞品があるよ。友達をさそってキミも参加しよう!当日会場では、子どもや家族も楽しめるイベントがいっぱいあるから遊びに来てね。