お茶をめぐる頂上決戦!小学生の真剣バトル!「T-1グランプリ」

お茶をめぐる頂上決戦!小学生の真剣バトル!「T-1グランプリ」

小学3年生のときに狭山茶について勉強する「いるまっ子」。お茶の知識には自信があるよね?小学生がお茶の知識や作法を競う大会が「T-1グランプリ」。今年も、グランプリ「お茶博士」の座をかけて、小学3〜6年生62人が本気モードで戦いました。

①○×筆記クイズ     
お茶の歴史から入間市についてまで広い知識が必要!
テキストを読んでおけば簡単…!? 制限時間は10分だ。

②お茶の種類を当てる競技 
せん茶や抹茶、紅茶など12種類のお茶が区別できるか?
にせものが2種類混じって出題されるから手ごわいぞ!

③お茶の入れ方実技    
審査員の目の前で、急須を使って美味しくお茶を入れる競技。
お茶屋さんに行って入れ方を修業した子もいたよ。

グランプリはこども商品券をゲット!上位に入賞した子は、「入間市お茶大使」として1年間市内のイベントでおいしい狭山茶をふるまって活躍します。みんなも来年のT-1グランプリに参加しよう!

心もみがく小さな剣士たち 【幸武館道場/入間市根岸】

5月の番組では、幸武館道場で練習している少年剣道部が登場。小中学生が挑む気迫の大会をレポートします。
普段から技を教え合っている双子の豊泉真大くんと仁大くん。お互い「負けられない」と大会では兄弟対戦に一番気合いが入ります。剣道を始めて礼儀の大切さを知ったという雙木心くん。「試合では、負けてもいいから思い切りぶつかることを心がけています。」