おとうろうまつりをもりあげます【志茂町囃子連】



春まつりの季節です。豊岡地区には江戸時代から続いている「おとうろうまつり」があります。リズミカルな笛や太鼓と踊りでお祭りを盛り上げるのは、3つの地区の囃子連です。メンバーには、小中学生もいます。

 志茂町では、火曜日の夜に練習しています。学校の授業とはちがって、おはやしには教科書や楽譜はありません。地域のお兄さんが一緒にたたいて教えてくれます。

豊岡中1年の増田優太くんは、太鼓をマスターした後におどりも覚えました。お祭りでは、ひょっとこを演じます。「地域の方が受け継いできた思いを大切にしながら、キレのいい踊りで見ている人を楽しませたい」と増田くん。

 他の地区も本番に向けて練習しています。おまつりの見どころは、3つの地区が集まって演奏を競う「ひっかわせ」です。今年のおとうろうまつりは4月27・28日。みんなの演奏を聞きに行きませんか?



「どこから来たの?」で 豊岡中卒業生がなみだ!

 嵐や乃木坂46やの曲を手がけている入間市出身のミュージシャン杉山勝彦さんが、みんなのために作ってくれた「どこから来たの?」。もう覚えたかな?豊岡中学校では、3年生を送る会で1年生がこの曲を合唱。他にもダンスやコント、思い出ビデオの上映などで卒業生に感謝の気持ちを伝えました。心のこもった企画に思わず涙する3年生も…。イベントは大成功でした。